2016/11/03  星ヶ城山 (817m)

 

 

この前まで夏日だった土佐路も、ココ数日間で随分と涼しくなりました

秋が短く いきなり冬になりそうな気配です

 

この11月始めは毎年初霧氷が見られる時期、3日の天気図を見れば

おそらくは高い山で霧氷が見られるはず !?

ですが、今回は観光気分で小豆島の星ヶ城山へ行く予定で高松港へと走る

 

高松港に到着し乗船券販売所に入ると直島豊島方面の窓口には長蛇の列

アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が11月6日までなのでボランティアの人達も忙しそう

隣の草壁行き窓口は まだ無人 ・・ 一瞬、オイラ達も直島へ行こうか と言ってみた

まァ、そう言っただけで のんびりと椅子に座り草壁行きの窓口が開くのを待つ (^^);

そしてチケットは高速艇とフェリーの往復セット券 ( \1500- ) を購入する

帰りも高速艇なら追加料金を払えば良いので時間が不定な場合は便利です

 

 

 

7時50分発の高速艇サンオリーブシーに乗り、島々を見ながら船内で朝食タイム 8時40分、草壁港に到着

今回で3度目となる小豆島の地を踏む

下船し すぐ向かいにあるバス停で20分ほど待ってから乗車する

コースは裏8景側からの予定なので猪谷バス停で下車

 

猪ノ谷池から下山予定の寒霞渓方向を見るも、紅葉にはまだ早いようです

 

 

 

9時15分、バス停前にある真ん中の道 (裏8景入り口) からスタート

 

 

 

最初は「ほら貝岩」 ん〜、、それよりもあの右後ろの尖った岩が気になるべ

 

 

 

のぼり岳、ふむふむ

 

 

 

おへんろさんとすれ違った後に大師堂に到着、この辺りが紅葉したらさぞや綺麗でしょうね〜

 

 

ココを見て久万高原の岩屋寺を思い出しました

 

 

 

岩を見上げると、大きな蜂の巣が (◎◎);

 

 

石門にて

 

 

 

なんだか、ボクちゃんみたいな岩が出てきました 松茸岩だそうです

 

 

 

  その松茸岩からの眺め              さらに後ろを見上げれば 鹿岩

 

 

 

鹿岩からは単調な道を17分ほど歩き ロープウェイの頂上駅に到着

お昼の食糧を買おうと売店へ行けば お弁当やパンのような物は何も無し (++);

仕方が無いので、2コ440円もする焼き餅と432円の超高価な天ぷらを1コ仕入れる (TT)

 

 

この駐車場の左奥から星ヶ城へ向かいます               行きは遊歩道から

 

 

 

10分ほどで三笠山(671m)の広場へ

 

 

 

三笠山を過ぎるとやっとこさ山らしい道となる

 

 

 

    星ヶ城神社に到着               な〜るほど、ふむふむ、備前ね ・・

 

 

 

西峰手前の分岐にやってきました 行きは左にトラバース

 

 

 

人口井戸を過ぎると、、 おっ !!  トリカブトのショウドブシが綺麗に咲いている (◎◎)

 

 

 

11時19分、星ヶ城山に到着

 

 

 

この広場で海を見ながらお弁当〜 ではなく、小さな焼き餅とテンプラを食べる (><);

ポカポカして気持ちが良い♪ 貸切の東峰に20分ほどいてから出発

 

 

帰りは西峰への近道を歩く

 

 

 

西峰からの眺め、その 左写は先程いた星ヶ城山の東峰、右写は草壁港

 

 

 

その 右写に頂上駅が見える その向こうの山が美しの原高原と四方指 (777m)

お弁当を食べるには こっちの西峰の方が良いかも !!?

 

 

再び三笠山へ戻り

 

 

 

三笠山からはショートカットして頂上駅広場へ下りる

そして、育ち盛りのせいか ? 腹ペコのカッパ隊は 2Fのレストランへと足を運ぶ (^^);

しかしながら30分待ちの札がぶらさがっていた (++)

山には誰もいなかったのにレストランは賑やかです

できれば2時のバスに乗りたいので断念してフードコーナーの自販機へ

たこ焼きとコロッケを買って展望所のベンチで一休み

 

 

かわら投げは十数年前に屋島でやった事があるけど、ここでも多くの人が投げて楽しんでいました

さて、お腹も落ち着いたのでそろそろ出発します

 

 

12時40分、頂上駅広場を出発して四望頂へ

 

 

 

四望頂から四方指まで行くと4時45分のフェリーになるのでパスして表12景の道へと進む

( ちなみに四望頂からは鎖のある急な道もあります )

 

 

   下り口から見える烏帽子岩           一瞬どこ ? と探した女羅壁(じょらへき)

 

 

 

あれが荷葉岳かと思って説明板をよく見れば、なんと見えている部分はゴジラ岩でした

 

 

 

この岩はロープウェイから見たいですね

 

 

 

(・・);

 

 

 

    遊歩道をテクテクと             表12景の玉筍峰(ぎょくじゅんほう)

 

 

 

頭上で声がすると思ったら 右写は第5景の蟾蜍岩なのですが、見えている部分は 犬岩・ライオン岩だそうです

蟾蜍岩 (せんじょがん) = ヒキガエル

 

これが錦屏風かな ? なんか形が違うような気も ・・

 

 

 

あっという間に紅雲亭に下りてきましたバスの出発時間までまだ40分もあります

地図を見ると草壁港まで徒歩45分と書いてある

内海ダムまでは遊歩道もあるので歩こうか !? でもダムからはアスファルト道を30分か〜

ん〜、腹ペコになりそうだな (++); や〜めた! 駅でのんびりしよう (^^)

と言う事で、軟弱なカッパ隊は2時のバスに乗り草壁港へ

 

 

帰りもサンオリープシーに乗船              船内ガラガラです (・・);

 

 

 

午後3時30分、高松港着                  屋島を見る

 

 

 

  太鼓と笛の音にのって獅子が舞う           サンポート地区、高松シンボルタワー

 

車に乗り、すぐさまセルフのうどん店へ直行

育ち盛りで食欲旺盛なカッパ隊はやっと満足し、帰路へ

 

寒霞渓の紅葉は中旬から下旬頃でしょうかね〜

 

山行記へ   山名別へ