2017/12/03  伊予富士(1756) 〜 東黒森 (1735)

 

 

師走に入り最初の週末、天気予報は気温の高い晴れマーク

今回の山行は久しぶりに伊予富士方面へ行ってみます

 

7時40分、寒風茶屋に到着

 

瓶林のゲートは12月1日から閉まっています

7時48分、登山口より出発

 

 

桑瀬峠付近にて、これぞピーカン晴れ風が無いと暑いです (++); 写真はこれから向かう伊予富士と後方の寒風山

 

 

 

道は日陰に入ると白くなり気温もグッと下がる

 

 

 

笹原に出ると扇のような伊予富士が目に飛び込んでくる  この笹原歩きは風も無くポカポカ陽気で快適でした〜

 

 

僅かに霧氷が残っている

 

 

 

頂上までの急登では一部凍っている場所があったので慎重に

 

 

 

伊予富士の頂上に到着、石鎚もよく見える         こちらは歩いて来た桑瀬峠の方向

頂上は風があって寒いです、軽くパンを食べながら少し休憩〜

 

 

   笹ヶ峰から冠山への稜線をズーム!       ちち山と冠山の間に赤石山系が顔を出している

 

 

 

休憩後は西へ向かう                  振り返れば霧氷の残り

 

 

 

伊予富士を過ぎて右写真の真ん中の谷にキラキラ光るものを確認、もしかして葛原川へ合流している中野川源流 ?

 

 

 

東黒森が近くなる  目線を右方向にやれば瓶ヶ森、その間に飛び出ているのが石鎚山

 

 

 

林道分岐から北側の道には僅かに雪が残っている

 

 

 

東黒森頂上に到着

 

 

ここはカッパ隊にとっては聖地のような場所!、山歩きを始めた原点がここにあります

今日はこの景色を見ながら のんびりとランチタイム

 

 

   食事中、UFOラインに車が4台現れる      作業車 ? ズームすると先頭がトラックのようでした

 

 

 

頂上から東側の眺め、朝は雲海だった本山方面もガスが上がり白髪山がクッキリと見えるようになった

 

 

 

のんびりと過ごした東黒森を11時45分に出発

 

 

 

この区間は体感で5℃くらい低く感じられました (++);

 

 

 

分岐、ここから林道に下りて帰る事も出来ますが 道路は面白くないので元来た道をピストンする

 

 

 

  後方の東黒森                   伊予富士の頂上へ戻る

 

 

 

   頂上からイッキに急降下            ここまで下りれば道はなだらかになる

 

 

 

下山途中、まだ13時38分ですが日の陰りが早く夕方のよう (・・);

 

 

 

     桑瀬峠                   14時37分、無事下山する

 

この日はとても暖かく、まるで10月頃の秋晴れのような感じでした

なので 登る時は霜柱のある固くて締まって道でしたが

下山時にはそれが溶けて生チョコのようにドロドロ〜

滑りそうな箇所が幾つもありました

 

そして二日後、冬将軍の到来で四国も真冬の寒さに (><)

お山も真っ白け〜 !!

登山口へ行くまでが大変な季節になってきました

 

山行記へ  山名別へ